health and beauty

広く知られている

ブルーベリーの青紫色はポリフェノールの一種のアントシアニン色素で出来ており、目に良いことは広く知られています。アントシアニンの1日の摂取量は40mg以上が望ましいと言われています。

Read More

注目のアガリクス

昨今ではアガリクスから作られた健康食品が注目されています。アガリクスには、βグルカンが多く含まれているからです。βグルカンには、免疫力を高めたり悪玉コレステロールを減らし、様々な病気を防ぐという効能があります。

Read More

妊娠中に起こる糖尿病

ここ数年、妊婦の間で妊娠糖尿病にかかる人が多く見られます。この症状は、妊娠中にずっと血糖値が高い状態が続くことです。 病気の原因は、妊娠中に胎盤から出るホルモンがインスリンの働きを邪魔するからです。インスリンには、食後に体内のブドウ糖を分解する働きがあります。その働きが妨害されるので、体は血糖値が上がったままの状態になります。 このような高血糖状態が続くと、色々な障害が起きることが予想されます。たとえば、赤ちゃんにブドウ糖が大量に送られるので、子供が大きくなりすぎてしまいます。そのため、経窒分娩が困難になります。また、母体にも悪影響が出るリスクがあります。たとえば、眼や腎臓に合併症を併発したり、妊娠後に本当の糖尿病へ発展する可能性もあります。なので、早期に妊娠糖尿病は改善する必要があります。

妊娠糖尿病を改善する効果的な治療法は、食事の食べ方に気をつけることです。1日に食べる食事を、6、7回に分けてこまめに食べるようにするのです。こうして数回で摂るようにすることで、食後に急激に血糖値が急上昇することを抑えられます。また、ジュースなどの飲み物や果物、甘いおやつは糖分を多く含みます。なので、食べるのは控えたほうが良いです。 その他の妊娠糖尿病の改善方法は、散歩などの軽い運動を日課に取り入れることです。運動を行えば、体内のブドウ糖を効果的に消費できます。そのため、大きく糖尿病の改善が見られます。上記の食事や運動であまり効果が見られない場合は、病院で内服薬が処方されます。この薬で血糖値を下げることができます。

対処する方法

糖尿病になったからといって慌てることはありません。毎日の生活に気をつけることで、糖尿病は確実に改善することができるので、その方法を参考に今からチャレンジしてはいかがでしょうか。

Read More

関連リンク